当社塗装の特徴

●上塗りに2液ウレタンクリアを使用・・・・・美しく、耐久性にも優れます。
●塗料は調色済み・・・・・レンズ本体との色調もベストマッチ。レンズをお送り頂く必要がありません。

【塗装の詳細】
(1)マスキング、及び下地処理
プラスチックや金属等、塗装が染み込まない素材では、この下地処理が大変重要となるため、丁寧に処理を行います。

(2)下塗り
更に、塗料の密着性を高めるため、下塗り剤を塗布します。
フードが、ポリカーボネートという材質のため、慎重に吹き付けます。

(3)調色
レンズに近い色にバランス良く調色しています。
白レンズをお持ちの方は、レンズ本体の表面をご覧下さい。
表面がデコボコで、光っている部分とそうでない部分があるのがお分かりになると思います。これにより、光の加減で色の見え方が大きく異なります。更に、本体と三脚座、三脚座のツマミ部分等、色を見比べてみて下さい。塗装の方法や、塗装対象の材質等により、かなり違った見え方をします。
これらは、色温度の違い(太陽光・夕日・蛍光灯等)によっても、更に見え方が異なってしまいます。
こういった特性を踏まえ、バランスに配慮した調色を実施しています。

(4)中塗り
数回、塗り重ね、発色良く塗装します。

(5)上塗り
2液ウレタンクリア、という、自動車等の上塗りにも使用される、強固で美しい塗料を使用します。
これによって、レンズフードに「スレ傷」が付き難く、また目立たなくなります。
また、塗装の耐久性を高める、という効果もあります。
ツヤは抑え目に仕上げてあります。


塗装例

お好みやご予算に合わせて、幾つかのパターンをご用意しております。
その他、可能な範囲で個別のご要望にもお応えしますので、詳細はお問い合わせ下さい。

筒型フード (ET-74, ET-73B, ET-83C)

【筒型フード・・・・・標準/赤ライン入り】  
標準     先端部分と付け根部分を黒抜きします。
付け根部分は、型番文字を残します。

写真以外の筒型フードも、これに準じます。


ET-73Bの場合は、一番上の"CANON"の文字は消えますが、型番より下を残します。

  上塗りのクリアーは、レンズと接触する部分を除き、付け根から先端まで塗装します。

以前は、価格を抑えるために、白塗りの部分だけ塗装する仕様もありましたが、塗装端の保護の観点では、こちらの方が良いです。

黒い部分の質感が若干変わりますが、ツヤを抑えるとその度合いは小さくなります。
標準では、レンズに合わせて半ツヤ程度に仕上げますが、特別なご要望があれば、ご注文時にお知らせ下さい。


赤ライン入り
 
  料金は、\4,000(税別)の追加となります。
  塗装は全て手作業ですので、多少のバラツキがあることは事実ですが、概ねこんな感じに仕上がります。
ボカシ
 
  白く塗った色と同じ色で、黒ヌキの部分にボカシを入れます。
追加料金は、
ET-74, ET-73B, ET-83C \3,000

ET-83Dは、こちらをご参照下さい。


花型フード (EW-83G, ET-83II, ET-86, ET-87)

【花型フード・・・・・標準/赤ライン入り】  
標準
 
 
 
付け根部分を黒抜きし、先端まで塗装します。
型番文字を残します。

上塗りクリアーは、レンズと接触する部分を除き、付け根から先端まで塗装します。
(付け根部分は、筒型フードと同様です)




ET-87の場合は、分解して継ぎ目部分より先側のみを塗装します。(付け根側塗装端は隠れます。)

赤ライン入り
  付け根側に赤ラインを入れます。
その他は、標準と同じです。


標準料金に \4,000(税別)追加となります。


先端黒ヌキ
  先端部分を黒ヌキし、上塗りを先端まで塗装します。

\6,000(税別)追加となります。


当面の間、このタイプは受付を停止します。
ボカシ
筒型フードに準じます。
追加料金は、
EW-83G, ET-83II, ET-86 \3,000
(先ヌキの場合は、\4,000)

ET-87は、原則として非対応ですが、ご希望の場合はご相談下さい。


PL穴加工品 (穴あけ加工は致しておりません)

PL穴加工品も、上記仕様に準じますが、PL穴位置と塗装範囲との関係は、以下のようになります。
また、若干の追加料金を申し受けます。
【クリアのみの場合】
PL穴いっぱいまでクリアを塗装します。
PL穴の断面は、断面の状態等によりクリアを塗装する場合としない場合があります。

PL穴加工品は、追加料金\1,000(税別)となります。




【白色塗装の場合】
標準の仕様に準じ、PL穴周辺を曲線で避け、白色塗装します。
クリアも標準の仕様に準じ、全体に塗装します。
PL穴断面は、断面の状態等により、クリアを塗装する場合としない場合があります。

ET-87で、穴断面を熱で溶かす処理が行われている場合は、分解ができませんので、写真のような塗装範囲となります。


PL穴加工品は、追加料金:\2,000(税別)となります。









赤ラインがPL穴に掛る場合は、写真のように穴をまたぎます。
この場合は、更に追加料金:\1,000(税別)となります。


その他全フード (白レンズ以外)

【全フード・・・・・クリアーのみ/赤ライン入りクリアー】  
クリアーのみ
 
 

表面がツルツルに仕上げられているフードは、使っているうちに、「スレ傷」が多くついてしまいます。
これを保護するために、つや消しクリアーだけを塗装します。

クリアーは、レンズと接触する部分を除き、付け根から先端まで塗装します。

色褪せを防ぐために、下塗りは行いません。




上の写真のように既に傷が付いたフードでも、クリアーを塗装することで、傷が目立たなくなります。
塗装後は、新たなスレ傷が付き難く、また目立ち難くなります。

(サンプルの写真は赤ライン入りですが、このタイプはクリアー塗装のみです)
赤ライン入りクリアー
  上記に赤ラインを入れるものです。
筒型では、先端寄り、花型では、付け根寄りの部分に、型番を避けてラインを入れます。
赤ライン塗装後に、つや消しクリアーを塗装します。






スワロフスキーの塗り込み

フードにスワロフスキーを塗り込みます。
接着剤で着けるだけでは、耐久性に問題がありそうなので、塗料で塗り込みます。
このため、カッティングのキラキラ?はなくなりますが、ご覧のような仕上がりです。


あなただけのオリジナルフードになります。
・・・ + \1,500(税別)です。
取り付け位置はご指定、又は「お任せ」です。
お任せの場合は、どこかの真ん中、にならないように少しずらした位置に取り付けます。



カスタマイズ

個別のご要望にもお応えしますので、お気軽にご相談下さい。




塗装の強度等について

塗装の強度について、良くご質問を受けますので、記述しておきます。

まず、殆どの方は、レンズをぶつけたり擦ったりしないように扱われており、こういった方は、安心してご使用頂けます。


更に詳しくご説明できれば良いのですが、残念ながら、定量的にご説明することができません。
弊社塗装は、塗膜を密着させるための下塗りを施し、表面をコートする役割を持つ上塗り(2液ウレタンクリアといって、自動車等にも使用される塗料です)を施しております。
曖昧な言い方ですが、通常のレンズの使い方をされる分には、充分な強度を持っています。


但し、フードを金網やブロック等にぶつけたり擦ったりするような、荒い使い方をされる方にはお勧めできません。
あくまで塗装ですので、(自動車でも、何でもそうですが)強い力で引っ掻けば傷が付いたり剥がれたりしますし、強くぶつけたり、塗装面が大きく変形するような力を掛ければ、塗膜が割れたり浮いたりする可能性はあります。
ご理解頂きたいと思います。

万一、傷付けたりして、補修を行いたい場合は、該当箇所が明瞭に写った写真をお送り下さい。
料金は作業内容に依存しますが、軽微な作業なら、無料〜対応します。(送料はご負担下さい)


また、仕上がりについて。
一本一本手作業で塗装していますので、若干の個体差はあります。
・マスキング位置の微妙な違い
・仕上がりの表面の状態(ザラザラの粒の大きさや艶具合)
少量を対象とした手作業ですので、ご理解下さい。





さあ、今すぐご注文を!
    料金・注文方法は、こちら


  Copyright(C) M Laboratory Inc.